ミャンマー タクシーの乗り方

前回タクシーの話が出たのでその詳細について

結構crazyです。

結構crazyです。

ミャンマーの場所によってタクシーの種類が違います。
ヤンゴンを含め一般的なタクシーが多いですが、マンダレーはバイクタクシーが一般的。バガンではなんと馬車タクシーが一般的です。
バガンはとても小さな村なので、レンタルサイクルか馬車移動が主な交通手段です。

どれも乗り方などは共通しているので、まとめてご紹介します。

①タクシーを止める。

これは日本と一緒です。手を上げれば止まってくれます。

②行き先と値段交渉

必ず車に乗り込む前に行き先と値段交渉をしてください。道や場所を知らないドライバーが非常に多くいます。そしてそんなドライバーに地図を見せても、地図を読めない人が多いです。地図読めない方が一般的なのかな?
適正な値段は最初はわからないと思います。おおよそですが、言われた値段の500kyat~1000kyat引いた位が適正な価格に近いのかなと思います。
たまにぼったくる人も安く言ってくる人もいるので一概には言えませんが…。
参考までにダウンタウン内の移動で1000kyat~1500kyat
ダウンタウンからインヤー湖の南部分まで2000kyat~2500kyatといったところでしょうか。値段は指で数字を作りつつ、英語で通じます。

③乗り込んで目的地へ!

メータータクシーは渋滞に巻き込まれていつもより高くなった!ということもありますが、ミャンマーではどんな渋滞に巻き込まれようが、何時間かかろうが目的地までの料金は一緒です。適正価格がわかるようになればとても安価に移動できるのでとても便利です。

ご覧いただき、ありがとうございます。
すこしでもお役に立ちましたら、バナーのクリックをお願いします。

にほんブログ村 旅行ブログ ミャンマー旅行へ
にほんブログ村

皆さん、よい一日を。


Posted in 旅行役立ち情報.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.