ミャンマーの宗教:仏教 元添乗員鉄板ネタ

今回はミャンマーの宗教についてのお話。

アジア全般に広がる仏教ですが実は宗派が違うのをご存知でしたか?
こういう話のネタは添乗員時代バスの中で話す鉄板ネタでした。

聖おにいさん

最近話題ですね。読んでます。

ミャンマーは非常に敬虔な仏教国です。
国民の約90%が仏教徒であり、人生で最低2回出家します。

→これポイントなんで覚えておいてくださいね

ミャンマー来てとっても驚いたことが尼さんの多さですね。
尼さんになった後、還俗するんですが、ほぼ坊主のままで私服を着てらっしゃるので、最初は闘病中なのかと訝しんだくらいです。

 

仏教について。

仏教は紀元前5世紀頃、インドでお釈迦様によって開かれた宗教です。
お釈迦様というのは厳密に言うと名前ではないんですね。
釈迦族出身のためお釈迦様と呼ばれますが本名はゴータマ・シッダッタ。
仏陀といわれるのは「目覚めた人」という意味の言葉です。

日本の歴史にも見られますが、地位の高い人を直接呼んだり、直視するというのはあまり好ましいことではなかったんですね。(平安時代の絵で描かれる美人がのっぺりと同じ顔になっているのはそこから来てるそうです)なので、呼び名がいっぱいあります。ここからはお釈迦様で統一しますね。

お釈迦様は紀元前5世紀にネパールのルンビニで生まれ
インドのブッタガヤで悟りを開き、
サールナートで初めての説法をし、
ラージギールで布教を始め、
サヘート・マヘートに教団を置き、
サンカーシャで昇天をし、
ヴァイシャリで最後の旅に出て、
クシーナガラで涅槃に旅立ちました。
これが仏教8大聖地と言われています。

この話だけで一日話せますが宗派について掘り下げていきたいと思います。
お釈迦様の人生に興味持った方は手塚治虫の「ブッダ」がオススメです。

漫画と侮るなかれ。勉強になります。

漫画と侮るなかれ。勉強になります。

インドで生まれ布教された仏教は
紀元前3世紀頃、上座部仏教と大乗仏教という2つの大きな宗派が出来ます。
上座部仏教はインド南部のスリランカ、ミャンマー、タイ、ラオス、カンボジアへ
大乗仏教はインド北部のブータン、ネパール、ベトナム、中国、日本へ

上座部仏教は別名「南伝仏教」、大乗仏教は「北伝仏教」とも言われています。

教えの違いは極端に言えば、出家して修行をすれば救われる派=上座部仏教
信じていれば救われる派=大乗仏教という形でしょうか。

「修行して上の席に座ったら救われる宗派」と
「修行してない人もみんな大きな教えに乗れる宗派」と覚えています。

さて皆さん、最初のポイント覚えていますか?
ミャンマーは出家する人が多いです。それは救われるためには修行を受けないといけない上座部仏教だからなんです。
その修行については、また今度にしましょうか。

ちなみに仏教が生まれたインドが仏教国ではないのは、
お釈迦様が元々ヒンズー教徒の元祖バラモン教の国で生まれたため
ヒンズー教に取り込まれてしまった結果ですね。
ヒンズー教にはヴィシュヌ神という三大神がいるのですが、彼が現世に現れるためにとった化身の一つがお釈迦様と言われています。
仏教徒としてはあまり面白くないですが…。
ここらへんは、ユダヤ教、キリスト教、イスラム教の関係に似てますね。

ご覧いただき、ありがとうございます。
すこしでもお役に立ちましたら、バナーのクリックをお願いします。

にほんブログ村 旅行ブログ ミャンマー旅行へ
にほんブログ村

皆さん、よい一日を。


Posted in 旅行役立ち情報.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.