ミャンマー国内線情報&航空業界情報

ミャンマーを広い国なので、移動する時は航空機が便利です。

これが、主要空港の地図です。
赤いラインは既に古い情報なので参考程度にご覧ください。

ミャンマー国内主要空港

ミャンマー国内主要空港

今回はヤンゴンを起点にご紹介します。
ヤンゴンからは黄字の所には大体直行便が飛んでいます。
曜日によっては、一カ所経由というのもありますが。

航空会社さんはようやくウェブ予約に対応を始めたという所、
残念ながら出来ない所もあります。

じゃあ、ウェブ予約に対応していない航空会社のチケットをどうやって取るかといいますと、航空会社の営業所を通すか、旅行会社を通すしかありません。
メールでの問い合わせ、支払いは営業所や事務所にて〜という形が多いです。

旅行業的な話になりますが、発券やチェックイン手続きなどが手書きの紙なのが驚きです。確かに停電が多いこの国ならではといった所ですが、先進国の航空会社と仕事していると信じ難い光景ですね。

また現地事情として、航空機のトラブルはとても多く、フライトキャンセルやディレイは非常に多いです。とはいえ、原則はタイムテーブルに沿って運行しています。
お隣の国のように定刻で飛ぶ方が珍しいという程度ではありません。

ミャンマーの国内を運行している航空会社は以下の7社。群雄割拠ですね!

ダウンロード (1)
エアバガン

 

ダウンロード (2)
エアマンダレー

 

ミャンマー航空
ミャンマー航空

 

ダウンロード (3)
ミャンマー国際航空

 


アジアンウィングス


エアカンボーザ
エアカンボーザ


ゴールデンミャンマー

航空会社によって多少の違いはありますが、最も毛色が違うのがゴールデンミャンマーさんですね。ミャンマー初のLCCです。値段が安いのが魅力ですね。今の所ダントツで安いです。先週に2機目を導入したとのこと。今後の発展に注目です。

その他、航空業界情報としては
①アジアンウィングスさんに全日空さんが49%の資本出資。ASEANの空に全日空さんがどのようなアプローチをかけて行くかというのが面白そうな所です。

②バガン航空、日本に営業所。チケットの販売を開始しました。

③ちょうど今現在(10月22日)日本とミャンマーの航空当局間協議を行っています。ミャンマーと航空当局間協議、オープンスカイ視野に
国交省の発表によりますと日本/ミャンマー間の発着枠の拡大について議論すると発表されていますね。国交相さん便数増加にあわせてビザ緩和をお願いします。

といったところが最新情報ですかね。
また情報が入り次第お伝えしたいと思います。

ご覧いただき、ありがとうございます。
すこしでもお役に立ちましたら、バナーのクリックをお願いします。

にほんブログ村 旅行ブログ ミャンマー旅行へ
にほんブログ村

皆さん、よい一日を。

 


Posted in 現地情報.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.