ミャンマー人の日本観光ビザ取得は心臓に悪いです。

ミャンマー人の日本観光ビザ取得のお手伝いをしました。
本日、無事に取得できたという連絡がありましたので、記事にしますね。

必要な書類の一覧はこちら
その中でも、審査の大きな基準になっていると思われる書類は

①招聘理由書②招聘人との関係③身元保証人 の3つかと。

①招聘理由書はこれでもかというくらい書き連ねました。
もうちょっとした読み物になるくらい。
後述しますけど、『ダメでした。じゃあ書類を揃え直してもう一度』というのは避けたいので一発勝負で勝てるようにしないといけませんね。

②招聘人との関係は証明するのが難しいものです。
メールや写真などが考慮されるそうですが、日本に行くだろうから写真を撮っておこうなんて考えないですからね。それを補強してくれるのが①招聘理由書なんだと思います。

③身元保証人には誰になってもらうかというのも難しい問題ですね。
そもそも純粋な観光であれば身元保証人はいらないですが、多分それだと通らない確率が高そうです。(完全に私見です)
私は今ミャンマーに住んでいますので身元保証人にはなれませんので代理人が必要です。その代理人との関係性も①招聘理由書に入れ込みました。

注意点

ビザ申請の際には、旅行日程を提出する必要があります。
すなわち、その段階で航空券やホテルの予約を入れておかなくてはいけません。
一回の申請で通らず出発日が近い場合、その予約の変更やキャンセルせざるを得ないケースもあります。
申請の際には余裕を持って手続きを行いましょう。

 

書類その他がきちんと揃っていれば4営業日で発給されました。
よかったよかった。

個人的には多くのミャンマー人が日本を訪れ、多くの日本人がミャンマーを訪れ
お互いの相互理解が深まればいいなーと思っているので、そのお手伝いをしていきたいと思っています。
そのために、今回の経験は実務的にとても勉強になりました。

ご覧いただき、ありがとうございます。
すこしでもお役に立ちましたら、バナーのクリックをお願いします。

にほんブログ村 旅行ブログ ミャンマー旅行へ
にほんブログ村

皆さん、よい一日を。


Posted in 仕事のはなし, 生活情報.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.