ファーストフードとヤンゴンの都市デザイン

マックの話をしたらファーストフードが食べたくなったので
Marry Brownに行ってきました。

本当にダイエットしてるのか?

本当にダイエットしてるのか?

Marry Brownはマレーシアに本拠地を構えるファーストフードチェーンです。
日本には出展してませんがそれもそのはず、イスラム圏にチェーンを構えているファーストフード店です。
最近は日本でも、イスラム教徒の観光客を呼び込もうと食事制限の勉強会が盛んですが、そんな彼らが安心して行くことが出来るファーストフードなんですね。

そして、いっぱいカロリーを摂取してしまったので
自宅まで歩いて帰りました。

大きな地図で見る
これで大体50分くらいかな。
結構暑いのでちょっとしたカロリー消費になったかなと思うんですが。

そこで気づいたのが、ヤンゴンという町のデザインは歩行者というのがあまり考慮されていないんだなということ。
横断歩道や陸橋はほとんどなく、道を渡る時は信号も何もない所をクルマの流れを見ながら横断するしかありません。
それに歩道を歩いていたらいつの間にか車道だけになって、車道を歩かなくてはならない場所も良くあります。

歩行者が考慮されていないというか、クルマ移動が最前提な都市計画なんだなと感じました。
ローマ時代の町ですと、カルドとデクマヌスがいまでも利用されていたり、中世の町ですと、馬車移動を考えた町づくりの名残が見れたりと、都市デザインはとても興味深いものです。

ヤンゴンは緑化型都市開発を推進するという政府の方針を耳にしたことがありますが、歩行者にも優しいまちづくりを期待したい所です。

ご覧いただき、ありがとうございます。
すこしでもお役に立ちましたら、バナーのクリックをお願いします。

にほんブログ村 旅行ブログ ミャンマー旅行へ
にほんブログ村

皆さん、よい一日を。


Posted in 現地情報, 生活情報, 食生活.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.