経団連とミャンマー商工会議所の会合に出席してきました。

タイトルそのままですが、ちょっと背景とかも話してみましょう。
前回、ロンジーを購入したのもこの準備のためでした。
今回私が訪れたのはこちら。

ミャンマー商工会議所ビル!

ミャンマー商工会議所ビル!

私が出席することになった理由からお話ししますと
このブログのabout meにも記載していますが
私はOrchestra travelとUMTAの会長秘書の二足のわらじを履いています。
UMTAはこの画像をご覧いただけばわかりやすいですね。

UMTA

Union of Myanmar Tourism Association

日本語訳するならばミャンマー旅行業協会になりますかね。
日本では日本旅行業協会会長の会社にいたので、わかりやすく転職したなーという気もします。

それはともかく、今回の会合には旅行業界の人間として出席させていただきました。
(余談ですが、UMTAの事務所も商工会議所ビルにあります。アポイントは私まで!)

そして、経団連とミャンマー商工会議所の会合は非常に勉強になりましたね!
経団連という大きな企業連合の視点やミャンマーの商工会議所全体やミャンマー政府の立ち位置と方向性なんていうマクロなものは日々の生活ではあまり触れることの出来ないものです。
しかし、ミャンマーに来て日本人として旗を揚げようとしてる人間としては、日々こういう視点を持って働いて行かなくてはならないなと反省と励みになりました。

こういう会合の議事録なんかは出していいのかわからないので、一旦紹介は差し控えますが、心震えた台詞を紹介したいと思います。

三菱商事代表取締役 小林 健 視察団副団長
「ここに来てる企業さんはみんな、透明性のあるビジネス環境さえ整えてくれれば世界中のどこの企業に負けないですよ」

さすが、一流企業のトップで切ったはったしてる方々のプレッシャーはすごかったです。

IMG_20131119_164108

私はミャンマー側2列目にいました。

残念だったのは時間が押していたようで、会合終了後
皆さんあっという間に出発されてしまいました。

唯一挨拶&名刺交換させていただけたのは視察団団長の丸紅の勝俣相談役だけでした。一瞬の記憶にも残らないかもしれませんが、いつか「ミャンマーで名刺交換させていただきました!」と言えるように頑張りたいと思います。

調印の儀式

調印の儀式

ミャンマー側で頑張って行きます!


Posted in 仕事のはなし, 現地情報.

6 Comments

  1. ミャンマー旅行業協会と言うのがあるのですね。
    ミャンマーで国際線のチケッを購入して、信じられないトラブルがあったのですが、こういう場合、何か対応してくれるのでしょうか?

    • 信じられないトラブルですか!?大変申し訳ございませんでした。
      直接的な保証などは難しいかもしれませんが、再発防止のためにお話伺ってもよろしいでしょうか。
      旅行会社全社がもれなく登録しているわけではございませんが、登録している会社であれば注意勧告など対応できるかと思います。
      ここでの返信でも結構ですし、直接メールでも結構ですのでご連絡いただけると幸いです。
      よろしくお願いします。

    • トラブル、そして回答を拝見いたしました。
      大変なトラブルでしたね。そして、ミャンマー人全体に不快感を覚えられていらっしゃる様子、ミャンマーの旅行会社にいる人間として深くお詫び申し上げます。
      拝見した所、SQスタッフが「番号が違う」と言っていた所から推測すると旅行会社と航空会社の伝達の段階で齟齬があったように思われます。
      しかし予約番号とは違えど、ふっちーさまのお名前やPPT番号が他の予約の確認が取れたため、急遽チェックインカウンターで新しい航空券の発券をし直ししたものの後半部分でオーバーブックなどでキックアウトされたというように考えられます。
      決してふっちーさまの邪魔をしてやろうとか不快な思いをさせてやろうといった悪意からではないと思うのですが、今後このようなことがないよう、業界に注意を促すと共に、実際にあった問題例として取り上げたいと思います。
      嫌な記憶を思い出させ、大変申し訳ございませんでした。そして、貴重なご意見ありがとうございます。

  2. 回答有難うございます。

    現物のチケットを両方ともお見せしないとご理解頂けない様ですが、SQとSQのスタッフは無関係です。
    (当時、チャンギ空港でのSQサービスセンターでの対応は素晴らしかったです。)

    機内で渡されたチケットは、事前に旅行会社で発券されたチケットで、旅行会社のカバーと担当者の名詞付きで、私が購入した際に受け取ったチケットと全く同様式でした。

    私の最初のチケット、シンガポール~羽田のフライトはプラチナチケットですから、旅行会社の優良顧客に泣きつかれて、私のチケットのフライトを回して、私には適当な日付のフライトでチケットを別に発券したと思えてなりません。

    別にミャンマーが嫌になったとかはありませんが、いくら大手とは言え、ミャンマー人しかいない旅行会社(その外も)を信用するのは止めた方が良いと思いました。

    実は、この前にも同じビル内にあるC旅行会社でチケットを買おうとして手配をお願いしていたら、メールで予約取れたと連絡があったのですが、そのチケット料金がエコノミーなのに2000$を超えていて、唖然としたものでした。
    この時は丁度ホテルが高騰していた時期で、チケット料金もこのくらいでも払うだろうと思われてしまったのかなと。

    それと蛇足ながら、このプログ、他の方のプログの様に、記事一覧とコメント一覧の蘭があれば、自分のコメントを探し出すのが容易なのですが、←前へをクリックして当該記事を探し出す必要があり、ちょっと面倒なのですが(笑)。

    • 現場で状況を見ていないので、憶測しか出来ませんので間違いがございましたらご容赦ください。
      記事一覧や細心のコメントはトップ右欄に反映するようになっておりますが、他のページにも反映されるよう改善したいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.