ヤンゴンで物件探すのは大変です

実は今引っ越し準備中です。
12月には引っ越さないといけないんですが物件探し難航中。
参考までに最近の不動産事情についてちょっとお話しますね。

引越し引越し!

引越し引越し!

色々と日本と違うことが多いので戸惑うことが多いです。

基本的に年間契約
契約時に1年分の家賃をまとめて支払い

原則仲介手数料は家賃1ヶ月分

1年分というのが大分きついですね。
貯蓄が苦手な私としてはこのタイミングでキャッシュが準備できず、撤退というのも現実的にあり得そうで怖いです。

まずお部屋のタイプ

大まかに以下の4タイプに分けられます。

一軒家

サービスアパートメント

コンドミニアム

アパートメント

一軒家は言うまでもないでしょう。駐在員でも極限られた方のみが住んでいます。
恐れ多すぎて目安の料金すらわかりません。
当然お抱えのシェフ、お手伝い、ドライバーさんを雇っています。なんてセレブ…!

キヨサキさんお仕事頑張ってますよね…

キヨサキさんお仕事頑張ってますよね…

サービスアパートメントは大手企業さんの駐在の方が住んでいますね。
不動産価格の高騰にともない、六本木の高級マンション並みの家賃です。
それに数も限られているので空きはなく、入居待ちの列が出来ているそうです。
今度トレーダーズホテルを持っているシャングリラグループが大きなサービスアパートメントを販売するので、全体として値段変わるかもしれませんね。

コンドミニアムくらいからローカルの人も住むようになります。
浅学を披露するようで恥ずかしいのですが、ミャンマーに来るまでコンドとアパートメントの違いを知りませんでした。もしかしてミャンマーだけなのかもしれませんが
この違いはエレベーターの有無だそうです。

次は探し方

いわゆる不動産屋さんは数少ないです。ほとんどがブローカーというんでしょうか、個人単位での紹介がとても多いです。
普段ミャンマー人の友人がどれ位いるかに大分左右されそうです。
「友達の友達がオーナーだから見せてもらおう」なんていうことが日常的です。
幸い日系の不動産屋さんも多くなってきました。以前インタビューさせていただいた新谷さんも今は不動産屋さん勤務です。(記事はこちら
日系さんだと契約まで見てくれるので安心ですね。私はドローカルを探しているのでご縁はありませんが…。

契約方法

これが結構皆さんの悩み事やネックになってるのではないでしょうか?
なにせミャンマー語です。よっぽど信頼できるミャンマー人パートナーがいないと怖い所でもあります。入居後のトラブル発生を防ぐために日系の不動産屋さんは重要なんだなーと思います。

とまぁ色々お話ししましたが残念ながら本業ではないので、浅い知識です。
もし不動産を探されたい場合は不動産屋さん紹介しますよ!

至言です。

専門家にお任せ

弊社では各業界とのミーティングを組んだビジネス視察ツアーも行っております。コンサルティングは出来ませんが、人と合う環境は提供できます。ご興味ある方はお声をおかけください。

ご覧いただき、ありがとうございます。
すこしでもお役に立ちましたら、バナーのクリックをお願いします。

にほんブログ村 旅行ブログ ミャンマー旅行へ
にほんブログ村

皆さん、よい一日を。


Posted in 仕事のはなし, 現地情報, 生活情報.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.