ミャンマー初世界遺産登録!ピュー王国の遺跡群!

登録延期になっていたピュー王国の遺跡群が先日正式に世界遺産登録されました。

ピューの遺跡は、紀元1世紀から9世紀頃につくられたピュー族王国の跡地。現在、ピュー族は絶滅してますが、ミャンマーの基礎を作った王朝といわれています。

世界遺産となるのは、Halin、Beikthano、Sri Ksetraの3つのエリア。ミャンマー中央部イラワジデルタの乾燥地帯にあり、それぞれ用途別に宮殿跡地、興行的な生産跡地、埋葬地に分かれています。

ユネスコのページはこちら。

いやはや、とても喜ばしいニュースです。
それぞれの場所が結構離れているので、いっぺんに訪れるのがなかなか大変ですが、早速視察に行きたいなと思います。

とても嬉しいですね。
世界遺産好きな旅行者さんをどう案内するか、今からワクワクします。

ご覧いただき、ありがとうございます。
世界遺産おめでとう!クリックをお願いします。

にほんブログ村 旅行ブログ ミャンマー旅行へ
にほんブログ村

皆さん、よい一日を。


Posted in 基礎情報, 現地情報.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.