初の世界遺産!ピュー王国の遺跡群とは!?

祝!ミャンマー初世界遺産!!

ということで、今回認定されたピュー王国の遺跡群について紹介したいと思います。
ミャンマーブログ界で有名なトレジャーハンターローカルさんが一番詳しそうですが…

ピュー王国とは…

BC200年頃からAC900年の約1100年の間ミャンマーのイラワジ河沿いの平原に住んでいたピュー人達の王国。
ピュー人とモン人がここミャンマーの原住民だったのですが、雲南省にあるチベット=ビルマ系の王国、南詔がこの辺りへ侵略。ピュー人やモン人を国へと連れて帰りました。

そして、不在地域になったイラワジ河沿いの平原に南詔に従って来たビルマ人がバガンを作り、独立。バガンを中心にビルマ系の国家を建設していきました。

1100年もの長い期間、住んでいた彼らですが、あまり情報が残されていません。
幸い、あとから入ってきたビルマ人も同じ仏教徒だったため、ピュー人が建造した寺院などは残りましたが、ほとんどが謎に包まれています。

残された遺跡の中で最も大きな3つの遺跡が今回世界遺産に認定されました。

世界遺産はどこにあるの?

今回指定されたのは、Sri Ksetra、Beikthano、Halinの3カ所。

南(ヤンゴン)から近い順にご紹介します。

Sri Ksetra
ヤンゴンの北西300km程にあるピィ郊外。ヤンゴン〜バガンのほぼ中間に位置しています。
ピュー人達の王都があった場所です。
ミャンマー三大パゴダのひとつシュエサンドーパゴダや眼鏡をかけた大仏で有名なピィですが今後はもっと観光客が増えそうですね。

Beikthano
ピィ(Sri Ksetra)からさらに北上。マグウェイの近く。
ピィとバガンの中間あたりに位置しています。

Halin
ここはちょっと離れてマンダレーの北シュエボーの近くです。
ここまで行ったことはないのですが、周辺に何も無いド田舎ですね。
ホテル情報探しに行かなきゃ。

ということで簡単にご紹介させていただきました。

近いうちに出張で行ってきますので、再度情報提供しますね!

ご覧いただき、ありがとうございます。
世界遺産おめでとう!バナーのクリックをお願いします。

にほんブログ村 旅行ブログ ミャンマー旅行へ
にほんブログ村

皆さん、よい一日を。


Posted in 現地情報.

3 Comments

  1. ご無沙汰しております。
    「ピュー遺跡」世界遺産登録、本当に驚きでしたね。
    ローカルも我慢できずにブログに書いてしまいました。
    当時はまさか世界遺産に登録されると思いませんでしたが・・・。
    これで観光業も賑わいをみせそうですね!
    ピイをアテンドされる際は、ぜひKTVもコースに入れてみてください!笑

    • おぉ、コメントありがとうございます!
      多分来週に行こうと思っていますのでウワサのKTV探してみますね!
      観光業の追い風を期待してます!!

  2. Pingback: 2014年、ピュー遺跡群がミャンマーで初めての世界遺産に登録

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.