世界遺産ピュー王国の遺跡群の場所とアクセス、ツアーを組むなら…

 

前回も簡単に触れましたが、より詳細に。
青が最大都市ヤンゴン。基本的に皆様こちらに到着されると思います。

最も近くにあるのがSri Ksetra。
アクセス方法としてはヤンゴンから約5時間のクルマ移動です。
またヤンゴンから列車も出ています。
変化球としてはフェリーでヤンゴンから行くことも可能です。
3泊4日かかりますし、水位によるので全く持ってオススメはしませんが。
残念ながらこの辺りには空港がなく、最寄りがヤンゴンになります。

次のBeikthano。
最寄りの空港はネピードー空港。基本的に1日3便出てます。
しかしながら、Sri Ksetraからの距離とあまり変わりません。
ここにしか行きたくない、クルマに長時間乗るのは耐えられないという方はネピードーから。
素直に考えればSri Ksetraからそのままクルマでアクセスするのがいいと思います。

最後のHalin。
ここがややくせ者です。これまでの2つとはすこし離れています。
最寄りの大きな空港はマンダレー空港。マンダレーから陸路約2時間少々。

 

これを日程表に落とし込み、ツアーを作成してみましょう。

1日目:
朝ヤンゴン出発ピィへ。
午後ピィ到着。Sri Ksetra観光。
ピィ泊

2日目
朝ピィ発
途中、Beikthano観光。
午後バガン到着。
バガンの寺院群に沈む夕陽をお楽しみください。

3日目
終日バガンorポッパ山観光。
既に行かれたことある人ならそのままマンダレーへ

4日目
バガン〜マンダレー移動。
時間に制限ある方は航空機、ピュー王国に思いを馳せるなら船で移動。

5日目
Halinへの日帰り観光。
戻る道すがらインワなどを訪れマンダレーヒルかアマラプラのウーベイン橋で夕景。

6日目
ヤンゴン戻り。

結構贅沢に時間を使っているのでもっと短縮も可能です。
その短縮した分にインレー湖を入れてもいいし…。

こうやって日程を考える時が一番楽しいです。

ご覧いただき、ありがとうございます。
ちょっと行ってみようかなと思ったら、バナーのクリックをお願いします。

にほんブログ村 旅行ブログ ミャンマー旅行へ
にほんブログ村

皆さん、よい一日を。


Posted in ツアー紹介, 基礎情報, 旅行役立ち情報, 現地情報.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.