ヤンゴンはパゴダだけじゃないんだぞー

今日は柄にも無く、Strand Hotelでランチ。
シェフが変わったと聞き、食べに行ってきました。

ストランドホテルは、1901年開業。
英国統治時代に建てられた歴史と趣きある建物です。

今回はそんな歴史的建造物のご紹介。
エントリーナンバー1
元総合省庁(Minisiter office)
Ministers-Building-Yangon

1889年〜1905年にかけて建造されました。
場所はダウンタウンの東、テインビュー通り。
残念ながら現在中に入ることは出来ませんが、まわりから見ることが出来ます。

エントリナンバー2
高等裁判所と電信局
IMG_20140503_130131 IMG_20140503_130314

隣り合っているので一緒にノミネート。
共に1900年初頭に建造。今でも現役です。
場所はパンソーダン通りの南(Lower Block)
この二つだけでなく、このブロックは英国時代の影響を色濃く残します。

エントリーナンバー3
旧ベンガル銀行
7-bank-of-bengal

1939年に建造。
場所はダウンタウンの中心、スーレーパゴダの南。

 

こんな感じで様々な歴史的建造物があり、そのほとんどがダウンタウンに残っています。

普段と違ったヤンゴンの一面。お気に召したら幸いです。

ご覧いただき、ありがとうございます。
雨期だけど、ちょっと歩いてみるかと思った方は、バナーのクリックをお願いします。

にほんブログ村 旅行ブログ ミャンマー旅行へ
にほんブログ村

皆さん、よい一日を。


Posted in 基礎情報, 現地情報.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.