ミャンマー人あるある<旅行・仕事編>

こんばんは。

これを読んでくださる方はどんな方が多いんでしょうか。
ブログ村から来る人が多いので、在ミャンマー日本人が多いのかと思いきや、アクセス解析すると日本からご覧になっている方が多いみたいです。
旅行者さんなのか、進出を企んでいるのか。

対象がよくわからないので旅行者さん向けと仕事向け両方のミャンマー人あるあるを書いてみたいと思います。

<旅行者さん>ミャンマー人あるある

・ミャンマー人は親切だ!
地図を見ながら街を歩いているとどこへ行くんだ?と聞かれ、気付いたら色んな人に囲まれたりします。特に地方で多いですね。
私は最近シャン人に間違われることが多いので、前よりは減りましたが、それでもみんな親切だと思います。

・ミャンマー人は穏やかだ!
人前で怒るのがあまりよしとされない文化があるため、町中で騒ぎに合うことは滅多にありません。(水祭り期間を除く)
またデータはわかりませんが、治安もいいので盗った盗られたという騒ぎを聞くことも少ないです(0ではないです)。お隣インドやタイに比べると騒がしくなく、人々がのんびりしているように感じます。

・ミャンマー人は親日だ!
嬉しいことに親日な方が多いですね。
タクシー乗ると必ず『何人だ?』と聞かれ『日本人だ』と答えると日本好きだと言われます。
日本へ行きたい、日本へ行ったことがあるという話しを良く聞きます。
試しに違う国を指して『○○人』だと言ったことがあります。その時は、特にコメントなかったですね。

第2次世界大戦中、迷惑をかけたにもかかわらず、歴史的なクレームを言われることはあまりありません。余談ですが弊社社長の祖父は日本軍によって亡くなったそうですが、それでもとても日本を好きでいてくれる未来志向な方です。感謝感謝。

ということで、旅行者さんにとっては、とても接しやすく、いい人が多く感じると思います。
…しかし、仕事はそう簡単に行きません…
苦労を抱えている人も多いと聞きます。日本とは遠く離れた地の人たちですから文化が違うのはしょうがない所です。

私はミャンマー企業で働き、ボスも部下も同僚もミャンマー人。外国人同僚はたまに来るイタリア人(本業チーズ屋)1人しかいないのですこしは参考になるかと思います。

<仕事関係>ミャンマー人あるある

・『わかった?』『わかった(わかってない)』
わかってないのならわかっていないと言って欲しいところです。
後日、あれどうなってるの?と聞くとさっぱりという顔で「なんのことですか?」と聞いてきます。
本当にわかってくれるまでしっかりコミュニケーションを取りましょう。

・勝手に変更後、これがミャンマースタイル!
お願いしたことが、勝手に変わっていたりします。
具体例を挙げると、ヤンゴン〜マンダレー便朝便100$で手配をお願いした所、安い価格のモノが売り切れ。同じ100$だからといって、夕方便に変更。
事後報告もなく、確認を取った所でやっと判明。
それを指摘するとこれがミャンマースタイル(バーミーズスタイル)だと返されます。
日本人の最優先事項はなんなのか(この場合であれば時間)を十分に理解してもらう必要がありますね。最近はThis is Japanese Style!と言い返すようになりました。

・とにかく、謝らない
これは日本以外の国のほとんどに共通するのでよくよく理解しなくてはいけませんね。
「あなたが間違ったんだ」というようにハッキリさせたくなりますが、それをしてしまうと結構関係がこじれます。正面からぶつかると、間違ったことすら否定し始めます。
一息ついて、何をどう間違ったのか、そしてその対応をどうすればいいのかまで、穏やかに話すと間違いを理解してくれるような気がします。
また、オーバーリアクションも効果的です。
間違いがわかったとき、ショックを受け、嘆き悲しみ、抑えきれない怒りを表現すると、よっぽどまずいのかと思い、フォローを頑張ってくれます。
どこの舞台俳優でしょうか。

・ボスはとにかく捕まらない
会社のボスは横の繫がりを大事にします。よくわからない業界会議に次ぐ会議。
本業以外のことに精を出している社長もいます。
同じ社内なのにほとんど会わないことはざらです。

ミャンマー人ボスは基本的に強権主義なので、ボスがいると会社がぴりっとしますね。ボスと一般社員の間には大きな溝があります。そのためか、ボスのスケジュールを把握している人が少なく、余計会いづらくなります。
外国人なのでその溝を簡単に越えられますが、ミャンマー人は大変みたいですね。

 

ミャンマー式と日本式、どっちがいいという話しではありません。
ただ違いを理解しておくことが円滑に仕事を進めるのに役に立つと思います。

今度、お偉いさんとの会い方とかについて書いてみようかな。

ご覧いただき、ありがとうございます。
あるある〜と思ったら、バナーのクリックをお願いします。

にほんブログ村 旅行ブログ ミャンマー旅行へ
にほんブログ村

皆さん、よい一日を。


Posted in 現地情報.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.