2015年『ナガの新年祭』に潜入!

10801925_10200222532442596_3662444679805329405_n

どうも、こんにちは。オーケストラの日本人スタッフの山崎郁馬です。

今回は先月行われましたナガの新年祭へお邪魔したお話です。

最初に個人的なお話で恐縮ですが、子供の頃、世界不思議発見!というテレビ番組が好きでした。
それも辺境であればあるほど惹かれたものでした。

しかし、旅行へ行けるようになった学生時代に気づいたのはもう辺境や秘境というのはこの世にはほとんどないんだなということ。すこしでも知名度があるところというのは既にあらゆるメディアに発掘され尽くしたところなんだということです。

日本の旅行会社時代は、辺境・秘境(っぽいところ)をいかに楽に訪れるか、苦労なくお客様に楽しんでいただくかということばかり考えていました。もし本当に辺境・秘境だと内容きついし、売れないからあくまでもっぽさが重要です。

 

しかし、この『ナガの新年祭』は突き抜けて辺境・秘境のお祭りでした。
ぜひこの記事を通して、まだこんなところが世界に残っているのかということを知っていただき、興味を持っていただければ幸いです。

 

まずナガ族とは

インドとミャンマーの国境周辺に住む少数民族です。数十年前までは「男は首狩りをしないと結婚できない」というルールを持っていた元・首狩り族です。

彼らナガ族はさらに多くの支族に分かれており、その彼らが友好のため1年に1度集まるのがナガの新年祭です。

開催場所は毎年変わりますが、2015年はレシーで行われました。開催場所はレシー、ラヘー、ナンヨンのいずれかで行われますが順番は決まっておらず、ナガ民族評議会によって開催場所が決定されます。

10259707_10200204945242927_573729973735667500_n

(レシーを背景に)
今回のレシーが一番アクセスが簡単だそうですが、ヤンゴンから航空機で3時間、船で川を登ること4時間、4WDで山をひた走ること3時間かかりました。移動で丸1日かかりますね。
到着翌日(2日目)は周辺の村々を訪れ、3日目・4日目は新年祭。5日目に出発、ヤンゴン到着というスケジュールでした。

10919412_10200204948203001_438665055658388756_o

(ナガ族の伝統的な髪型だとか)

お祭り当日は一日中、周辺27の村から出席した各部族が歌と踊りを披露していました。途中お休みを入れつつ、終日こんな感じです。
10917906_10200222532482597_7614160067902560398_o

 

1622147_10200197554898173_8742288730014600491_n 10830766_10200197554778170_7741276899240670574_o

 

なんと驚きなのは次の写真。なんとあごひもに使われているのは虎の爪!鷹の爪じゃないですよ。

10926231_10200197554338159_335642336990477473_n

 

まだまとめきれていないのでダイジェストですが、近いうち全行程をまとめますね。

長くなってしまいましたが、最後までおつきあいいただきありがとうございます。
すこしでもお役に立ちましたら、バナーのクリックをお願いします。

にほんブログ村 旅行ブログ ミャンマー旅行へ

にほんブログ村

 

皆さん、よい一日を。


Posted in 現地情報.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.