一時帰国して分かった日本の凄さ。

お久しぶりです。中川です。

 

先週一週間、日本に一時帰国していました。

約10か月振りの日本。

空港に着いた瞬間、懐かしむ筈の日本が異国の地、日本へ変わっていました。

良い意味でミャンマーにしっかり染まってきたなと改めて感じます。

日本。

まず空気が違います。そして5月の少し肌寒い早朝の空気は最高でした。

春の匂いです。

 

毎日のように刺身を食べていました。

冷凍ではなく、新鮮なお刺身。幸せです。

某回転寿司屋の衛生管理、ミャンマーでは考えられません。

コンビニも素晴らしいです。恐ろしいほどの品揃え。

おにぎりのお米、何故あんなにふっくらしているのか!?感激です。

 

どこの建物にいっても照明が明るいです。

ミャンマーで見慣れた自分の顔も、日本で見たら凄いことになってました。(特に肌質)

 

日本での生活にも少し慣れてくると、ミャンマーに戻ることが少し不安でした。

でも、帰国した翌日には、いつも通りヤンゴンでの生活にしっかりフィットしていました。

 

日本と比べると色々と不便なことが多いけど、やっぱりミャンマーでの生活が一番落ち着く。

心からそう思った自分に少し驚いています。

 

ご覧いただき、ありがとうございます。
すこしでもお役に立ちましたら、バナーのクリックをお願いします。

にほんブログ村 旅行ブログ ミャンマー旅行へ
にほんブログ村

皆さん、よい一日を。

 

 


Posted in あいさつ.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.