ミャンマー白骨街道 テディム道編 その四

トンザンへ向けて出発です。

(前回のブログはこちらから訪問できます。)

 

テディム~トンザンへは専用車にて約2時間半。

田舎道は慣れている方ですが、さすがに疲れが出てきました。

体力に自信のない方はテディムで一泊した方がいいかもしれません。

※現在、テディムにはゲストハウスが数軒のみ。ホテルは無し。

 

トンザン着。

トンザン村

といっても実はトンザンには、観光するところがありません。

私も行ってから知りました・・・。

 

ということで、トンザンより更に奥地Singgialに向けて車を走らせることに。

Chika Township

道中、とある村に到着。

村5

 

村1

 

実はここら一帯は旧日本軍のご遺骨がたくさんあったところだったとの事。

こんな奥地にまで日本人がいたなんて、戦時中の過酷さを改めて思い知らされました。

彼らがどんな想いで命を落としていったのか考えると、いたたまれない気持ちで一杯になります。

 

少し休憩して、Singgial村へ移動することに。

ここの村人達は狩りをして生活しています。

そこら中に、骨が飾ってありました。

村2

 

村の方のご厚意で御飯をいただく事に。

村4

 

その後、インド国境に向けてまた更に車を走らせます。

車をある場所で停めて崖を降りるとそこには、戦車の残骸がひっくり返っていました。

戦車

なんの目印もない崖っぷちにあるなんて、驚きです。

周辺には、他の戦車の残骸や砲塔もありました。

塔砲

 

一通り案内してもらい、その日は19:30に就寝。

ハードスケジュールだった為、かなり疲れました。

翌日は早朝に専用車にてカレーミョへ。

フライトスケジュールの関係で、1日目に利用したマジェスティホテルに宿泊。

明朝にヤンゴンに戻りました。

 

今回、何よりも嬉しかったことは、旧日本軍の遺留品、ご遺骨を保護しようと一生懸命活動してくださっているミャンマー人に出会えたことです。

こんなことがあったんだぁ、と過去の出来事で片付けるのではなく今に続いている歴史を改めて気づくことができました。

 

以上、ミャンマー白骨街道 テディム道編でした。

 

ご覧いただき、ありがとうございます。
すこしでもお役に立ちましたら、バナーのクリックをお願いします。

にほんブログ村 旅行ブログ ミャンマー旅行へ
にほんブログ村

皆さん、よい一日を。

 

 

 


Posted in 旅報告, 旅行役立ち情報, 未分類, 現地情報, 観光地情報 and tagged , .

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.